大峰堂の歴史 創業期

大峰堂 歴史 年表

大峰堂は、創業1900年の漢方老舗メーカーです。創業以來洗練し続けてきた超臨界(Co2)、アルコールそして熱水抽出技術、製剤技術を利用し、天然物のチカラを最大限に引き出すことができます。

1期 創業期1887~1945

  • 1887

    大峰山?龍泉寺から「行者丸」の製造?販売許可を傳授(でんじゅ)される

  • 1900

    辻利吉 製薬業創立 「行者本舗 大峯堂」

  • 1910

    辻利吉 役の行者像を龍泉寺に寄贈

  • 1913

    辻利吉 再び製造?販売許可を得る

  • 1914

    辻利吉 醍醐寺三寶院門跡から醫薬品の獻上許可を受ける

  • 1921

    「風邪熱さまし頓服グート風薬」を発売

  • 1922

    「トンプクはらぐすり小角」を発売

  • 1943

    「行者正セメン圓」を発売

  • 1944

    大和合同製薬株式會社として統合

1887

行者丸製剤許可

大峰山?龍泉寺から「行者丸」の製造?販売許可を傳授(でんじゅ)される
大峰山?龍泉寺から「行者丸」の製造?販売許可を傳授(でんじゅ)された際の書。利吉は創業以前、すでに製造?販売許可を取得していた。この書には、「行者丸」という薬を製造し、これに役行者の像をつけて販売してもよい、という內容が書かれている。

閉じる

1900

大峰山は古くから山伏の修行の場であり、現在も捨身行が行われている

龍泉寺から授けられた講社周旋許可証
辻 利吉、製薬業創立

辻利吉 製薬業創立 「行者本舗 大峯堂」
現在の大峰堂薬品工業株式會社の前身である「行者本舗大峯堂」を創業。利吉は類まれなる才能と獨自の経営哲學で人の心を捉え、多大な業績をあげるも、商売で得た利益で、決して私腹を肥やそうとはせず、行商人たちに還元する一方で、信仰する大峰山龍泉寺や京都の醍醐寺へ多額の金品を惜しむことなく寄付した。

閉じる

1910

開祖?役行者の尊像

役行者像寄贈時の書類
役行者像寄贈時の書類

辻利吉 役の行者像を龍泉寺に寄贈
創業10周年、利吉は社名に「辻薬舗」を使うとともに、龍泉寺に大峰山の開祖?役行者の尊像(青銅)を寄贈した。像は現在も龍泉寺に殘され、當時の寄贈書も殘っている。

閉じる

1913

「行者丸」製剤の製造?販売許可 再発行1
「行者丸」製剤の製造?販売許可 再発行2

辻利吉 再び製造?販売許可を得る
利吉の善行が認められ、再び1913年に行者丸製剤の製造?販売許可を得、その機會に社名を「行者本舗 大峯堂 辻利吉」に変更した。

閉じる

1914

醍醐寺三寶院門跡より得た醫薬品獻上許可証

辻利吉 醍醐寺三寶院門跡から醫薬品の獻上許可を受ける
醍醐寺三寶院門跡より、「行者丸」、「救命丸」、「行丹」の獻上許可を受けた。この御禮として、桜の苗木700本を寄付したといわれている。

閉じる

1921

「風邪熱さまし頓服グート風薬」を発売

「風邪熱さまし頓服グート風薬」を発売

閉じる

1922

「行者正セメン圓」を発売

「トンプクはらぐすり小角」を発売

閉じる

1943

「トンプクはらぐすり小角」を発売

「行者正セメン圓」を発売

閉じる

1944

事業報告書?売薬営業権廃屆書

大和合同製薬株式會社として統合
第二次世界大戦中,醫薬品企業の整備統合が進み、大峯堂は一時的に売薬業者62名による「大和合同製薬株式會社に統合され、同社の天満工場として稼働。清六は常務取締役に就任した。

閉じる

PageTop

<蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>